出初式・マラソン大会・成人式

2019年1月14日

1月の3連休は春日井市において、出初式(12日)・マラソン大会(13日)・成人式(14日)が春日井市総合体育館及び駐車場で開催されました。

12日の出初式は消防職員や消防団員の関係の方々775名と18台の消防関係車両で挙行され、保育園や幼稚園の子どもたちの幼年消防クラブの行進や、春日井県立南高等学校の生徒さんによる吹奏楽の演奏など、内容も盛り沢山でした。訓練では本当に緊急で駆けつける様子が見られ、大変迫力があり驚きました。

 

今、春日井市の消防団員のトップで活躍されている消防団長は、中学校時代の同級生です。地域で災害や火災が起こったら、消防署員だけでなくこうして地元の消防団の方々も災害復旧に働いてくださいます。市民の安全・安心を守るため、陰で多くの皆様のご支援があることを忘れないようにしたいものです。そして我々は常に災害に対して、認識をしっかり持つことが大事だと思います。

 

13日開催のマラソン大会は好天に恵まれ、エントリーは9,000人を超えたとお聞きしましたが、当日は8,722人が参加されたとの事でした。本当に大勢の人で、スタートを待つランナーの列がずっと後方まで続いていました。スポーツを愛好する人も増え、健康寿命も延びていくことが期待されます。

 

 

 

 

 

 

14日の成人式の日も新成人の晴れ姿を祝うように、真っ青な青空が広がり温かい日となりました。3,301人の新成人が誕生されたことに心よりお祝い申し上げます。ひなご幼稚園の卒園児もこの中にいるはずですし、昨年の夏休みに議員インターンシップで参加してくれた学生さんもいたはずなのですが、こちらもとにかく大勢の方々で、会うことが出来ずとても残念でした。

 

春日井市の成人式は落ち着いていて、厳かに粛々と式が進んでいきます。皆さん大人としての自覚を持って、しっかりと式に臨んでいるのだなと思います。今日14日は「愛と希望と勇気の日」だそうです。成人の皆さんにふさわしい出発の日。愛と希望と勇気を持って、人生を楽しく生きていってほしい、社会に出ていく皆さんの応援団として、若者の問題にもしっかりと取り組んでまいります。